airbnbと旅館業法について

全世界でホストがたくさんいることで有名なairbnbですが、最近日本でも利用者が増えつつあります。利用者は国内の人はもちろんですが、海外からの旅行者も多く、旅行者にとってairbnbで宿泊先を探すのは色々とメリットがあるようです。まずはホテルとは違い、旅行先の現地の雰囲気を肌で味わう事ができます。現地の人の家や部屋を借りるので、その土地に根付いた空間で過ごすことができるのは、旅行の大きな魅力の一つです。また物件にもよりますが、ホテルや旅館よりも低価格で宿泊できる物件もairbnbではたくさん登録されています。少しでも宿泊費を下げて他の事にお金を掛けたいバックパッカーなどには大きな魅力です。こうした点から海外からの利用者も増え、副業としてairbnbが注目され始めました。

基本的な設備の準備は必要ですが、普段使わない空間を他人に貸すだけなのでそれほど危険性もなく、かつ収入源になる副業です。また収入源という以上に、人と人とのふれあいややりとりを楽しむツールとしてairbnbを利用している人もいます。こうした背景もあり徐々にホストや利用者が増えているairbnbですが、日本では旅館業法という法律があります。これは金銭を支払って人を宿泊させる施設に対して必要な法律です。施設の安全性を中心に、もし家事や地震など予想外の事が起こった際に安全に逃げることができるのか、安心は確保できるのか、というような基準です。そのためには物件の耐震性はもちろんですが、避難経路、防火扉など色んな基準をクリアしなければなりません。もちろん設備の投資のために費用もかかります。

airbnbは金銭のやりとりをして人を宿泊させるという点では共通していますが、現在はこの旅館業法に当てはまっていません。ホテルや旅館と同じような機能をするのに、airbnbだけ法の目をくぐっている状態です。そのため、旅館やホテル関係者からはクレームもあるようです。airbnb副業を始める人は増えています。まだまだ今後発展していく副業ではありますが、実際に安全が確保できる事、この法の整備には時間がかかりそうです。

Airbnbの魅力は、安さだけではない!

最近各方面でAirbnbが話題になっていますが、どうも一般の宿泊施設と比べた場合の値段の安さと、予約の簡単さばかりがクローズアップされているように感じますね。Airbnbについてはairbnb運営代行【Airbnb Expert】で詳しく説明されいます。もちろん安いほうが良いのですが、私が考える魅力はそれだけではありません。具体的には、人と交流できることなんですね。実体験を交えて説明していきます。

まず、都心の一等地にあるような有名ホテルについてですが、お値段が立派なだけあって、従業員のサービスも一流です。一応、ラウンジのような場所もあるのですが、基本的には個室に泊まりますから、プライバシーは完全に守られることになります。ビジネスには向いていますが、言い換えれば、人と出会う機会があまりないということでもあります。でも、Airbnbならばシェアハウスのような場所に泊まって他の宿泊者と交流したりできますし、貸主との交渉が必要だったりもしますから、旅におけるコミュニケーションを求めている人にとっては、ぴったりのサービスなんですよね。

実際に私はAirbnbを使って海外旅行したことがあるのですが、いずれの場所でも外国人や現地の人と交流できる機会があって、なかなか楽しかったですよ。お互いに片言の英語なんですが、ボディランゲージを多用するので、かえって距離が縮まったように感じました。台湾の人は、イメージ通りに日本に対してとても好意的でしたし、韓国の若者も日本のアニメやゲームなどにものすごく詳しくて、日本人である私よりも知識があるんじゃないかと感心させられました。普通のホテルでは、こんな体験はなかなかできません。

Airbnbを利用しはじめる以前は、ただ現地に行って、ガイドブックに載っているような飲食店で食事して、有名な観光地で写真を撮るだけという平凡な旅行をしていました。実を言うと、私も安さを目当てにAirbnbを愛用するようになったのですが、そのおかげでいろいろな人と触れ合えるようになって、新たな旅の楽しさを発見できましたね。今では、風景そっちのけで会話を楽しむようになったくらいです。

面白い部屋に宿泊することができる

世界中を面白く旅したいと考えたときには、エアビーアンドビーを利用するとよいでしょう。エアビーアンドビーを利用すれば、個人の部屋を借りて泊まることができます。泊まるときには、ホテルを借りることになりますが、ホテルを借りた場合には、料金も高くなってきます。金銭的に余裕がない時に、高いホテル代を払わなければいけないと、旅行を楽しむことができません。場合によっては、旅行を途中で切り上げる必要も出てくるでしょう。また、ホテルに泊まった場合、いつも変わり映えのない部屋に泊まることになるため飽きやすくなってしまいます。

エアビーアンドビーを利用することにより、色々な部屋に宿泊できるようになるので、毎日が冒険の気持ちで旅行を楽しめるようになるのです。旅行に行く予定があるときには、エアビーアンドビーをチェックしておくとよいでしょう。エアビーアンドビーを利用すれば、何時でも旅行に行くことができますが、毎日目を通しておくことで、面白い物件を見つけることもできます。変わった形の家に宿泊出来れば、その様子を写真に撮って、ブログなどにあげることも可能になってきます。旅行中の思い出として写真に収めるだけではなく、ブログを通して世界中に拡散できるようになるので、自慢することができるでしょう。友人や家族だけではなく、ネットを見ている方に知らしめたいと考えたときには、面白い物件の写真を撮ってブログにアップしてみるとよいでしょう。

また、ブログにアップするだけではなく、ゆったりと宿泊して面白い物件の魅力を堪能してみるのもおすすめとなってきます。部屋にゆったりと宿泊することで、面白い物件の魅力を感じることができ、それだけで旅行をした意味を感じることができます。旅行する機会がなければ出会うことができなかった物件を感じることで、いつもとは違った旅行の楽しさを感じることができるでしょう。楽しみながら旅行したいときには、エアビーアンドビーを利用するとよいです。

マンション2部屋で年500万の利益も

Airbnbというサービスが世界的に広がっています。民間の住宅と宿泊客の需要をマッチングするサービスですが、後発企業であるAirbnbは細やかなサービスを打ち出すことで、圧倒的なシェアを奪っています。
日本でもAirbnbのホストとして登録する方が増えています。中にはこんな方もいらっしゃいます。
「マンション2部屋で年500万の宿泊料」
この方は、4人部屋として使用できる部屋を一軒、及び2人部屋として使用できる部屋を一軒所有しているそうです。普通に賃貸にすると、年間の賃貸料収入はその半分にも満たないでしょう。
考えてみれば、賃貸物件で登録すれば差額が利益になると言うことです。
もちろん、賃貸物件では「又貸禁止」が前提のところが多いわけですが、近年の空き部屋対策でAirbnbへの登録を認めてくれる大家さんも増えているようです。
また、賃貸だけでなく別荘などの建屋などを登録して運営代行サービスに管理を任せるという手段もあります。こちらのairbnb代行・エアビーアンドビー掃除代行お任せ下さい!《Airbnb Supporters》ではわかりやすく解説されているので是非ご覧ください。
話はそれましたが、賃貸物件で登録すれば撤退も簡単にできるわけです。
さらにAirbnbの公式サイトでは「Airbnbカウンター」という、場所を指定すると、近辺で月にどれくらいの宿泊料収入を受けているかが分かるサービスがあります。事前に利益の出る地域が分かるのです。
もちろん場所だけではなく、物件の魅力も必要です。欧米のバックパッカーなどは、きれいなホテルよりも、その国の一般的な住居に泊まりたいという需要が多いそうです。従いまして、畳の和室部屋などでも内装やアメニティ、清潔さに気を付ければ、十分に集客の可能性があるのです。
下町近辺でも東京スカイツリーが見える部屋などは人気が高いようです。下町なら賃貸料はそれほど高くはありません。安く借りた賃貸物件でも、評価が高くなればかなりの宿泊料金を得ることができます。
これには円安の影響もあります。
旅館業法との兼ね合いもあり、法的にはグレーなAirbnbですが、アメリカ企業であるため、日本の司法では手が出せない状況です。
それどころか、政府は特区構想を打ち出して、Airbnbを追認する構えを見せています。
事実、円安や東京オリンピックの影響で海外からの観光客は増えているのですが、宿泊施設が足りていません。ブラジルのリオオリンピックでも同じ悩みを抱えているようで、政府主導でAirbnbと同じような民泊を推し進めようとしているようです。絶好のタイミングでAirbnbが展開しているわけです。

Airbnbを利用してちょっと変わった海外旅行を!

そろそろ海外旅行のシーズンがやってきます。温かい気候、澄んだ海、ブロンド髪の美しい女性。海外旅行はまだ見ぬ発見と出会いの場です。そんな海外旅行を今までにないステキな体験へと変えてくれる画期的なサービスが最近注目を集めています。
そのサービスというのはAirbnbというもので、今回はそのAirbnb)について皆様に簡単に紹介したいと思います。
さてこのサービスですが、一言でいうと海外の現地の人にホストとなってもらうことで住宅を貸してもらうというサービスです。海外留学などでよくある形ですが、それを海外旅行などもっと一般的にしたものがこのサービスとなります。代金が高いのではないか?またお金がとられるのか?といったことに関して疑問を持つ方がいるかもしれません。勿論泊めてもらうからには代金というものをホストの方へ支払わなければなりません。ですがその料金に関してはホストの都合次第で高くもなり、安くもなります。場合によっては現地でホテルを予約するよりもよいサービスを安い賃金で提供してもらうことができるのです。
またこのAirbnbというサービスを利用した場合、普通では体験できないようなことが体験できたりもします。本来、海外旅行とは現地のお店や土地をみてまわるものです。現地の人は観光客に対してそれほど特別な感情をもっていないため、現地の人と交流を取るということは叶わないことが殆どです。ですがこのサービスを利用すれば、ホストの方と密な交流を取ることが可能です。ホストになってもらう方の都合次第ではホストの方のつくる、その土地の手料理を食べることもできます。そこらへんは事前にホストの方とメールなどでやり取りして確認を取ったほうが良いでしょう。ホストの中には住宅の空き部屋を貸すだけで、全く交流を取ることはしない方も中にはいるからです。
この記事を読んでもし興味が出たのであれば是非一度利用してみてはいかがでしょうか?

Airbnbの便利な公式アプリを有効活用しよう

Airbnbの便利な公式アプリを利用すれば、世界中どこでも簡単に宿泊先を見つけることができます。
海外旅行を計画したとき、確かに旅行会社のパックツアーを利用すればとても便利です。ですがそれではお決まりの場所にお決まりのプランで出かけるだけになってしまいがちです。ときにはホテルではない現地ならではの部屋に泊まったり、現地の人と密に触れ合いたいと考えたことはないでしょうか。Airbnbアプリを利用すれば、世界中の普通のお宅に住んでいるかたの部屋の一室を、宿として借りることが可能になります。
Airbnbというのは、個人間で空いている部屋を有料で賃借できるようにするマッチングサービスです。世界各地に45万件もの物件が登録されていて、旅先でその中から好きな宿を選んで宿泊することができます。パソコンサイトでもサービス提供がされているのですが、いつでも見られるスマホやタブレット向けのアプリが特に人気です。アプリで登録されている部屋を見ていくと実にさまざまです。映画やドラマに出てくるようなペントハウスやその国の歴史を感じさせる家まで勢ぞろいしていて、必ずこの部屋に泊まりたいと思える宿が見つかるでしょう。目ぼしい部屋をウィッシュリストに保存すれば、友人同士で共有することもできます。部屋の予約をするのも簡単です。万が一ダブルブッキングといったトラブルが発生しても、アプリで直前予約できる宿はいくらでも探すことができますので安心です。
また、長期滞在ができる宿も複数の都市にありますので、のんびりと旅行を楽しみたいかたにもぴったりです。ホテルよりもずっと安い料金で利用できます。
Airbnbアプリの利用で簡単に人気の宿を知ることができます。ホストの部屋紹介や実際に利用した人のレビューなども読めますので、宿選びの参考になるでしょう。
旅行は観光先だけではなく宿選びも重要です。どうせならその土地ならではの文化や習慣などを楽しみたいものです。Airbnbで飾らない普段の現地の暮らしを体験しつつ、海外の旅をより充実させてみてはいかがでしょう。

安くても清潔な部屋が多いアジアのAirbnbの魅力

Airbnbなら、アジアにもたくさんのホストが登録しています。京都の嵐山なら2,800円という安さで泊まれますし、大阪でも3,981円という安さで綺麗な個室にお泊りできるのが人気なところです。安くてもテレビが付いていたり、クーラーも完備、清潔なベットや布団で寝れるのが魅力的です。

隣のソウルでも多くの部屋を提供しています。ソウルでは7,000円から10,000円ほどの部屋が多く、まるまる貸切にできるのも魅力的です。

バンコクではシェアルームで1,381円から泊まれます。キッチンもトイレもバスルームなどもシェアしますが、とても清潔に掃除されていますから、とっても快適に利用することができます。

バンコクの個室なら、5,594円という安い料金で利用できるのも便利です。安いのに大きなプールがあったり、部屋が幾つもあってとても綺麗、開放的で大家族でも泊まれるほどに広いのが便利なところです。

Airbnbならロサンゼルスでハイキングまでできてしまうのが楽しいところです。庭が広く、鳥のさえずりを聞きながら楽しくハイキングできます。大自然を満喫しながらも、ちょっと行けば都会に出れるという2つの楽しみ方ができる場所に泊まれます。

Airbnbで人気なのが、ポートランドです。宿泊料金も1万円前後とリーズナブルなのに、とても綺麗な部屋が多いのが特徴的です。ポートランドの都市部に集中して部屋があり、歩いての移動がとても楽なのが便利なところです。広く、部屋がたくさんあっても15,000円ほどで泊まれます。

Airbnbでは、ほとんどのホストがチェックインは13時から14時と早めにチェックインができるようにしています。又、チェックアウトが11時や12時と遅めに設定してある所が多いので、かなりゆったりと部屋で過ごすことができるのも魅力的です。一般のホテルなどとは違い、バタバタとハウスキーパーなどが部屋に入ってこないのも落ち着いて泊まれるところです。

それでいて窓も綺麗でキッチンも綺麗、テーブルも綺麗というところが、ホストの心使いを感じさせるところなのです。

Airbnbで儲けるなら今がチャンス

Airbnbでホストを始める人が増えているそうだ。Airbnbって何かって?Airbnbは泊まりたい人と
泊めたい人を結ぶwebサービスいわゆるマッチングサイトってやつだ。旅行者など泊まりたい人を
ゲスト、部屋を提供する人をホストと呼ぶ。ホストは自宅の空き部屋とか遊ばせている状態の家
とかを宿としてAirbnbに登録、Airbnbで宿を探すゲストが気にいって条件が合えば料金を払って
泊まれる仕組みになっている。短期間留守にする間だけとか貸し方も自由で特に宿として用意する
必要がないからその気になればすぐに始められて結構人気になっているそうだ。世界中に広がって
いるから利用者もどんどん増え続けているし、まだまだ成長が期待できるサービスだと思う。ホストになる
ためにわざわざ物件を購入して始める人もいるくらいだからそれだけAirbnbがビジネスとして期待されて
いるってことじゃないかな。実際かなり儲けている人もいるそうだから興味のある人は遊んでいる部屋が
あるなら考えてみたらどうだろう。日本は観光立国を目指して長期的な政策を立てているし、2020年には
東京オリンピックもある。外国からの観光客はどんどん増えている上に宿泊施設の数はそれに追いついて
いない。最近はLCCとか格安航空券の登場で旅費を安く上げる傾向が強まっているから宿についても
Airbnbで安いところを探す旅行者が増えている今がホストを始めるチャンスかもしれない。もちろん何事にも
リスクは付き物だから当然Airbnbのホストにもあるだろう。知らない人を泊めるわけだから部屋を汚されたり
物を壊されたりといったことも考えられる。これらのトラブルについてはAirbnbが保証する仕組みが用意されて
いたりするし、極端なトラブルというのもそんなにあるものじゃないからあまり考えすぎるのも良くないと思う。
リスクを負わないのがリスクなんて誰かが言ったそうだけど、リスクを恐れすぎてチャンスを逃すのはもったい
ないというより損しているってことじゃないかな。Airbnbで儲けたいなら成長中の今こそ始めるときだと思う。

東京オリンピックはAirbnbで稼ぐチャンス

2020年に開催される東京オリンピック。東京に住む人にはまたとない商機が到来しています。オリンピックともなれば世界中から多くの観戦客が東京を訪れるもの。ホテルや旅館にとっては、数十年に一度の稼ぎどきですね。でも、東京オリンピックで稼げるのは宿泊業者だけではありません。東京に部屋を持つ人なら、誰もが稼ぐチャンスがあるのです。いったい、どういうことでしょうか?

リオデジャネイロオリンピックで一躍名を馳せたAirbnbはご存じですか?Airbnbとは、部屋を探すゲストと、部屋を貸したいホストとを、インターネット上で引き合わせる宿泊仲介サイトのこと。このAirbnbがユニークなのは、ホテルや旅館といった宿泊業者ではなく、一般人の自宅や空き家を宿泊施設として紹介していることです。Airbnbに登録すれば、自宅や空き家が宿へと大変身しちゃうのです。民泊サービスとも呼ばれるこの仕組がブラジルオリンピックでは大ヒットしました。ブラジルを訪れた海外からの訪問客の実に5人に1人がAirbnbに登録されている宿泊施設を利用したのです。2020年の東京でも同じことが起きるかもしれません。だからこそ、東京に部屋を持つ人には大きなビジネスチャンスが到来していると言えるのです。

そうはいっても、日本ではまだまだ馴染みの薄い民泊サービス。それがビジネスになるよと言われても、実感のもてない人も多いかもしれません。しかし、Airbnbの利用者は世界中で急増中です。過去5年間ではなんと350倍も利用者が増えたとか。世界では民泊サービスが確実にスタンダード化しつつあるのです。そんな世界の潮流から少し遅れはとっていますが、民泊サービスが広まりつつあるのは日本でも同じ。東京では3千を超える部屋がAirbnbに登録されているそうです。円安の影響で海外から日本への渡航者が増えていますので、登録物件の数も今後ますます増加することでしょう。2020年のビジネスチャンスを確実に仕留めるためにも、今からAirbnbに慣れておくのが得策かもしれません。

増加する外国人旅行客に需要が高まるAirbnb

日本を訪れる外国人旅行者が増えて、安く宿泊できるAirbnbが国内で急成長しています。日本に来たからには味わいたい和食やお風呂の文化、和室で布団で寝る習慣など、日本らしさを押さえたアットホームなもてなしがとても外国人旅行者にウケています。オリンピックを前に懸念される会場周辺の宿泊施設の不足などの問題もあって、空き家や空き部屋が有効活用できるAirbnbに興味を持つかたも多くなってきています。
今や世界中で利用されているAirbnbは、ピーク時に一晩で100万人が利用しているとも言われています。個人宅に泊まる民泊サービスですが、サンフランシスコで2007年に創業したベンチャー企業であるAirbnbは、起業から10年も経たずして世界で4500万人以上の利用者を集めるほどの大企業に成長を遂げています。日本でも少子高齢化に伴って、空き家やマンションの空き室が増えていっている傾向にあります。そんな不動産をそのまま持っているのではなく、外国人旅行者のために貸し出しをしたいと考えるかたが増えてきておりニーズが高まっているのです。
日本を訪れる外国人が急増しています。そして部屋を借りたいと考えている旅行者と、部屋を貸したいと考えいてるホストのマッチングを効率的に行うための橋渡しをしてくれるのがAirbnbです。ホテルとは違った一般の家ならではの飾らない一室で、その国の良さをより楽しむために民泊はあります。まるでその国に住んでいる人のような体験ができるのです。
旅行者はよりその国を深く体験でき、ホストは世界中の色々なかたがたと出会うことができて、空いている物件を有効活用することが可能です。
日本でもホストが急激に増えてきています。それだけ外国人からの需要も多いということですが、中には日本人が国内旅行の際にも、ホテルの変わりに一般の家庭に宿泊するといったケースも多いようです。
Airbnbを知るために、まずは気軽に国内旅行の際に利用してみるのもいいかもしれません。