airbnb関連記事

Airbnb(エアビーアンドビー)が日本で定着しない理由

Airbnb(エアビーアンドビー)というサービスが人気ですが、こちらのサービスは、イマイチ日本にはまだ浸透していないといえますね。
こちらのサービスを知らないという人も多いですし、またこちらのサービスを利用しているという人もあまり見たことがないと思います。
こうしたAirbnb(エアビーアンドビー)というサービスは、なぜ日本で定着しないのでしょうか。
なぜなら、こうしたAirbnb(エアビーアンドビー)というサービスですが、日本では旅館に関する法律と言うものがありますので、なかなか一般人が利用するのは難しいというところがあります。
たとえば、一般人が家を貸し出すことになったとしても、たとえば、こうした法律があると、法律違反となってしまう可能性があるのです。
ですので、こうした点から、サービスを利用する方が少ないといわれています。
また、さらにこうしたサービスを利用する方が少ない原因として、海外の外国人を自宅に宿泊させたりするのが抵抗があるという人も少なくありません。
こうしたサービスを利用していると、やっぱり礼儀正しい旅人ばかりではなく、自宅を荒らしまわったり、またものなどを壊してしまう人も少なくありません。
また、犯罪などに巻き込まれてしまうというケースなども少なくありませんし、多少なりともリスクがあるといわれています。
こうしたことから、あまりやりたがらないという日本人が多いということです。
しかし、これは国民性と言うものなので、仕方がない部分もあると思いますね。
しかし、海外では、ホストファミリーなどの文化はそれほど珍しくもありませんし、こうしたことから、海外の外国人は、受け入れる人たちが多いといわれているのです。
ですので、こうしたエアビーアンドエアビーは、日本人よりも、海外の人たちにとても人気となっているサービスなので、世界で人気となっている傾向にあるのです。
これから、日本で利用する人も増えてくるかもしれません。

物件情報の表記は日本語でなく英語のAirbnb

多くの日本人の方々は、海外旅行に興味を持っています。実際私の親戚の1人も、最近は海外に行きたがっているようですね。親戚は生まれてから一度も日本から出た事が無いので、一生に一度は海外に足を運びたいと考えている訳です。恐らく海外の雰囲気に興味を覚えているのではないでしょうか。
ところで海外旅行に行くとなると、もちろん宿泊を伴うことになります。少なくとも海外は、日帰りは困難でしょう。
例えばマレーシアを考えています。日本の空港からあの国に行くとなると、少なくとも片道8時間程度はかかるのですね。という事は、往復で16時間もかかってしまいます。それだけの時間ともなると、やはり日帰りは少々困難だと考えて良いでしょう。どう考えても現地で宿泊をする事になると思います。
そしてどうせ現地で宿泊するならば、できるだけ雰囲気が良い所が望ましいですね。何となく現地の風情が感じられる宿泊施設の方が、旅行を満喫できるものだからです。
そのための選択肢の1つとして、Airbnbがあります。海外の一戸建て物件を宿泊の為に借りる事ができるサービスなのですが、あれはとても魅力的だと思いますね。少なくともホテルなどに比べると、海外の風情を満喫できると思うからです。
ところでAirbnbの物件を借りるとなると、まずはその施設に関する情報を調べなければなりません。そして大抵の物件の情報は、日本語ではないのですね。英語で書かれています。
もちろん全ての物件の情報が、英語になっている訳ではありません。中には日本語表記の物件情報もあるのです。しかしその数は、多少少なめにはなります。
ですのでAirbnbの物件を利用したいと考えるならば、多少の英語力などは必要と考えて良いでしょう。ただし私がその英文を読んだ限りでは、それほど難解な英文ではありません。辞書で調べたり翻訳ソフトなど使えば、特に不自由する事はないと思います。
いずれにしても物件情報が英語表記になっているのは、Airbnbの特徴の1つと言えるでしょう。

airbnbと旅館業法について

全世界でホストがたくさんいることで有名なairbnbですが、最近日本でも利用者が増えつつあります。利用者は国内の人はもちろんですが、海外からの旅行者も多く、旅行者にとってairbnbで宿泊先を探すのは色々とメリットがあるようです。まずはホテルとは違い、旅行先の現地の雰囲気を肌で味わう事ができます。現地の人の家や部屋を借りるので、その土地に根付いた空間で過ごすことができるのは、旅行の大きな魅力の一つです。また物件にもよりますが、ホテルや旅館よりも低価格で宿泊できる物件もairbnbではたくさん登録されています。少しでも宿泊費を下げて他の事にお金を掛けたいバックパッカーなどには大きな魅力です。こうした点から海外からの利用者も増え、副業としてairbnbが注目され始めました。

基本的な設備の準備は必要ですが、普段使わない空間を他人に貸すだけなのでそれほど危険性もなく、かつ収入源になる副業です。また収入源という以上に、人と人とのふれあいややりとりを楽しむツールとしてairbnbを利用している人もいます。こうした背景もあり徐々にホストや利用者が増えているairbnbですが、日本では旅館業法という法律があります。これは金銭を支払って人を宿泊させる施設に対して必要な法律です。施設の安全性を中心に、もし家事や地震など予想外の事が起こった際に安全に逃げることができるのか、安心は確保できるのか、というような基準です。そのためには物件の耐震性はもちろんですが、避難経路、防火扉など色んな基準をクリアしなければなりません。もちろん設備の投資のために費用もかかります。

airbnbは金銭のやりとりをして人を宿泊させるという点では共通していますが、現在はこの旅館業法に当てはまっていません。ホテルや旅館と同じような機能をするのに、airbnbだけ法の目をくぐっている状態です。そのため、旅館やホテル関係者からはクレームもあるようです。airbnb副業を始める人は増えています。まだまだ今後発展していく副業ではありますが、実際に安全が確保できる事、この法の整備には時間がかかりそうです。

Airbnbの便利な公式アプリを有効活用しよう

Airbnbの便利な公式アプリを利用すれば、世界中どこでも簡単に宿泊先を見つけることができます。
海外旅行を計画したとき、確かに旅行会社のパックツアーを利用すればとても便利です。ですがそれではお決まりの場所にお決まりのプランで出かけるだけになってしまいがちです。ときにはホテルではない現地ならではの部屋に泊まったり、現地の人と密に触れ合いたいと考えたことはないでしょうか。Airbnbアプリを利用すれば、世界中の普通のお宅に住んでいるかたの部屋の一室を、宿として借りることが可能になります。
Airbnbというのは、個人間で空いている部屋を有料で賃借できるようにするマッチングサービスです。世界各地に45万件もの物件が登録されていて、旅先でその中から好きな宿を選んで宿泊することができます。パソコンサイトでもサービス提供がされているのですが、いつでも見られるスマホやタブレット向けのアプリが特に人気です。アプリで登録されている部屋を見ていくと実にさまざまです。映画やドラマに出てくるようなペントハウスやその国の歴史を感じさせる家まで勢ぞろいしていて、必ずこの部屋に泊まりたいと思える宿が見つかるでしょう。目ぼしい部屋をウィッシュリストに保存すれば、友人同士で共有することもできます。部屋の予約をするのも簡単です。万が一ダブルブッキングといったトラブルが発生しても、アプリで直前予約できる宿はいくらでも探すことができますので安心です。
また、長期滞在ができる宿も複数の都市にありますので、のんびりと旅行を楽しみたいかたにもぴったりです。ホテルよりもずっと安い料金で利用できます。
Airbnbアプリの利用で簡単に人気の宿を知ることができます。ホストの部屋紹介や実際に利用した人のレビューなども読めますので、宿選びの参考になるでしょう。
旅行は観光先だけではなく宿選びも重要です。どうせならその土地ならではの文化や習慣などを楽しみたいものです。Airbnbで飾らない普段の現地の暮らしを体験しつつ、海外の旅をより充実させてみてはいかがでしょう。

安くても清潔な部屋が多いアジアのAirbnbの魅力

Airbnbなら、アジアにもたくさんのホストが登録しています。京都の嵐山なら2,800円という安さで泊まれますし、大阪でも3,981円という安さで綺麗な個室にお泊りできるのが人気なところです。安くてもテレビが付いていたり、クーラーも完備、清潔なベットや布団で寝れるのが魅力的です。

隣のソウルでも多くの部屋を提供しています。ソウルでは7,000円から10,000円ほどの部屋が多く、まるまる貸切にできるのも魅力的です。

バンコクではシェアルームで1,381円から泊まれます。キッチンもトイレもバスルームなどもシェアしますが、とても清潔に掃除されていますから、とっても快適に利用することができます。

バンコクの個室なら、5,594円という安い料金で利用できるのも便利です。安いのに大きなプールがあったり、部屋が幾つもあってとても綺麗、開放的で大家族でも泊まれるほどに広いのが便利なところです。

Airbnbならロサンゼルスでハイキングまでできてしまうのが楽しいところです。庭が広く、鳥のさえずりを聞きながら楽しくハイキングできます。大自然を満喫しながらも、ちょっと行けば都会に出れるという2つの楽しみ方ができる場所に泊まれます。

Airbnbで人気なのが、ポートランドです。宿泊料金も1万円前後とリーズナブルなのに、とても綺麗な部屋が多いのが特徴的です。ポートランドの都市部に集中して部屋があり、歩いての移動がとても楽なのが便利なところです。広く、部屋がたくさんあっても15,000円ほどで泊まれます。

Airbnbでは、ほとんどのホストがチェックインは13時から14時と早めにチェックインができるようにしています。又、チェックアウトが11時や12時と遅めに設定してある所が多いので、かなりゆったりと部屋で過ごすことができるのも魅力的です。一般のホテルなどとは違い、バタバタとハウスキーパーなどが部屋に入ってこないのも落ち着いて泊まれるところです。

それでいて窓も綺麗でキッチンも綺麗、テーブルも綺麗というところが、ホストの心使いを感じさせるところなのです。

Airbnbで儲けるなら今がチャンス

Airbnbでホストを始める人が増えているそうだ。Airbnbって何かって?Airbnbは泊まりたい人と
泊めたい人を結ぶwebサービスいわゆるマッチングサイトってやつだ。旅行者など泊まりたい人を
ゲスト、部屋を提供する人をホストと呼ぶ。ホストは自宅の空き部屋とか遊ばせている状態の家
とかを宿としてAirbnbに登録、Airbnbで宿を探すゲストが気にいって条件が合えば料金を払って
泊まれる仕組みになっている。短期間留守にする間だけとか貸し方も自由で特に宿として用意する
必要がないからその気になればすぐに始められて結構人気になっているそうだ。世界中に広がって
いるから利用者もどんどん増え続けているし、まだまだ成長が期待できるサービスだと思う。ホストになる
ためにわざわざ物件を購入して始める人もいるくらいだからそれだけAirbnbがビジネスとして期待されて
いるってことじゃないかな。実際かなり儲けている人もいるそうだから興味のある人は遊んでいる部屋が
あるなら考えてみたらどうだろう。日本は観光立国を目指して長期的な政策を立てているし、2020年には
東京オリンピックもある。外国からの観光客はどんどん増えている上に宿泊施設の数はそれに追いついて
いない。最近はLCCとか格安航空券の登場で旅費を安く上げる傾向が強まっているから宿についても
Airbnbで安いところを探す旅行者が増えている今がホストを始めるチャンスかもしれない。もちろん何事にも
リスクは付き物だから当然Airbnbのホストにもあるだろう。知らない人を泊めるわけだから部屋を汚されたり
物を壊されたりといったことも考えられる。これらのトラブルについてはAirbnbが保証する仕組みが用意されて
いたりするし、極端なトラブルというのもそんなにあるものじゃないからあまり考えすぎるのも良くないと思う。
リスクを負わないのがリスクなんて誰かが言ったそうだけど、リスクを恐れすぎてチャンスを逃すのはもったい
ないというより損しているってことじゃないかな。Airbnbで儲けたいなら成長中の今こそ始めるときだと思う。

Airbnbによる投資ではレビューはとても大切

Airbnbは、たまに投資の目的で活用されます。その目的で物件を利用するならば、レビューなどは大きなポイントになるでしょう。
レビューとは、いわゆる感想文を指します。インターネットを用いて投稿する事ができる感想文で、そこに宿泊をした時にどのような感情を抱いたかを、WEB媒体で投稿する事ができるのです。
そしてその感想文は、物件の提供者にとっては非常に大切です。なぜならその感想文によって、物件の善し悪しが判断される傾向があるからです。
そもそも私たちがどこかの宿泊施設を選ぶ時なども、以前に宿泊していた方々の感想などは気になるものですね。以前に利用した方が快適な気持ちになったか否かは、気になるのが当然だと思います。
その物件を利用した方が快適だとの感想文が見られれば、クオリティーが高い宿泊になると考えられるのですね。逆にちょっとネガティブな投稿が見られる時には、そこを利用するのは控えた方が良いかもしれません。ホテルなどを選ぶ時に、その感想文を参考にする方々も多い訳です。
Airbnbは、旅行者の方々に貸し出すことがほとんどなのですが、やはりレビューの重要度は高いでしょう。上記のホテルと同じく、人々の感想によって物件の善し悪しが判断される事が多いからです。もちろんポジティブな感想が集まっている方が、物件は良いと判断される事が多いですね。
ですのでその物件を貸し出し時には、レビューに対して悪いことが書かれないよう、色々気をつけた方が良いでしょう。ホスピタリティなどに気をつけて、良いサービスを提供するよう心がけるのが望ましいと思います。その方がレビューに対して、良い投稿が記録される可能性があるからです。もちろん多くの良いレビューが集まれば、それだけAirbnbによる収益率などもアップすると考えられるでしょう。
それと、そもそも物件の利用者の方々に対して、レビューを投稿して下さいと促すのも一法ですね。レビューが多く集まっている方が、何となく物件が人気だと感じられる事も多いからです。

Airbnbで旅費を節約し異文化交流

海外旅行の楽しみといえば、どこに泊まるかを考えることですが、最近は旅費を節約したい人や、現地の人のような暮らしを素直に体験してみたい理由などから、Airbnbを活用する方が増えてきています。
Airbnbでは、家を貸しきることが可能なものもありますし、ホストさんから空き部屋を用意してもらえるといったものもあります。
ニーズや同行者の人の多さに応じて、最適な物件を選ぶようにすると良いでしょう。
一般的な相場に比べてとても安く、外国で滞在することが可能になる利点があるので、旅費を浮かせたい自分にとっては非常にありがたいサービスだと感じました。
Airbnbを活用する際には、事前によくレビューや口コミを知っておき、家の様子を知っておいたり、ホストさんの情報を得ておくことが大事です。
実際に利用した人が感想を寄せていたり、ホストさんを賞賛していたりするので、評判が良い邸宅を選ぶとおすすめです。
ホテルと違って、冷蔵庫や冷凍庫、洗濯機が自由に活用できるといった物件も多いですし、キッチンも貸して貰える場合には自分たちで料理を楽しむことだって出来ます。
ホテルよりも自由度が高い暮らしを楽しむことが出来ますし、本当に海外へ移住してきたような気分をAirbnbを利用すれば味わい尽くせるので、海外生活を夢見る人や、将来的に海外での暮らしを考えている人のリハーサルとしても、Airbnbは非常に良い手段であると言えるでしょう。
実際に現地で買い出しをしたり、現地のネイティブな方の暮らしを、自分で体験することが出来ます。
また、ホストさんと共に暮らす場合であれば、ホストさんから温かなサービスやもてなしを受けられたり、現地の情報を丁寧に教えてもらえたり、異文化体験や異文化理解に役立つノウハウを仕込んでもらえる点もメリットです。
普通に海外旅行をしてホテルに泊まっているだけでは、なかなか現地の方と直接触れ合ったり仲良くなる機会は持てないものなので、海外の友達を作りたい人や、海外の方と親しくなりたい人は、Airbnbの利用を視野に入れると大変おすすめです。

奇抜な家に宿泊する事ができる方法とは

最近の若い人たちの旅行のスタイルの中にAirbnbという考え方があります。年配の方の場合は旅行代理店が提供している格安の観光地を巡るツアーがお決まりとなってきますが、行動力のある人の場合は、自分で旅行のプランを組み立てるのです。

その時に良く利用するのが、現地の人たちの居住スペースを借りるという方法になるのです。不動産などで登録して現地の人が借りたりするような、いわゆるアパートなどが旅行者向けに貸し出される事があります。

それがAirbnbと言われるサービスであり、ネットで現地の物件の情報を閲覧することができます。旅行のスケジュールによってどのあたりの地域に宿泊施設が必要であるか絞り込んでいくと、最適な物件を探すことができるのです。

宿泊予定の初日と、宿泊の最後の日を入れて、予約が空いている物件をチェックする事ができます。その時に、ある程度の予算で絞り込むことができるのですが、旅行の中で利用できる物件は多彩な宿泊施設が出てくる可能性があるので、一通り目を通すことが大事です。

現地で美味しいものを食べたり、レジャー施設でいろいろな乗り物に乗って楽しむことも旅行の醍醐味ですが、宿泊施設が奇抜な場所にあったり、普段の生活では住むことができないような建物が、Airbnbに登録されていることがあります。

それは、お寺だったりお城だったりする可能性もあるので、一生の旅行の思い出とする為に良いアクセントになってくれるはずです。

当然のように広いスペースの居住空間を借りるとなれば、費用も高くなってしまいますが、スペースあたりの宿泊費用を計算していけば、普通にホテルを借りるよりも割安になる可能性は高いのです。

そして、Airbnbに関する認知度が高くなってくると、友人たちで一緒に旅行する際にも、どのような建物に住むかをメインに考えて旅行プランを組み立てていくことができます。

そのような柔軟な旅行の内容を組み立てていくときが、最も楽しい時間だったりするのです。

旅行者向けに不動産を管理する時間

最近は話題になっているAirbnbに登録するために、賃貸物件を多く所有しているオーナーもいます。話題になるにつれ、旅行者が問い合わせる頻度も増えてきて、そのあたりの対応に追われるようになってくるのです。

そうなると、メールを返したりするような業務が増えてくるので、片手間で不動産をやっているような人にとっては、Airbnbの手続きなどをするのが面倒に思うようなことがあるのです。

その時には、専用の代行サービスがあります。お客さんからの問い合わせに対して的確な内容のメールを返す業務や、お客さんが依頼した日程を調整するような作業です。

そして、業者によっては鍵を預かってお客さんに渡すなどのサービスがあります。これらの業務は内容的には簡単なのですが、他の仕事をしているオーナーがその仕事も兼ねるのはとても難しい状況になるのです。

なので、Airbnbが流行ってきて多くの物件を所有している人は、その物件を管理するのも他の会社に委託するようになります。

そのような状況になってくると、よりニーズの高い物件がどこなのかという、旅行者が借りたい物件の本質に迫ることができます。良い物件を確保して、旅行者たちが見たいようなカラフルな家具類を準備してみたり、普段の生活ではあり得ないような家電製品を設置したりするのです。

結局は、いつもとは違った生活習慣を送ることが旅行者の楽しみになるので、できるだけ楽しむ事に特化した家具類を揃えるようにします。

基本的に、落ち着いたような家具類であればこのホテルでも同じなので、Airbnbで現地の宿泊施設を借りるメリットをより多くしていく必要があります。

なので、Airbnbで借りる側も、物件を所有して貸す側においても様々なノウハウが蓄積しており、より良いサービスを提供できるような状況が揃いつつあるのです。

特に、物件のオーナーの信用度が大事となってくるので、そのあたりが確認できるような宿泊施設を旅行者は求めているのです。