airbnb体験談

Airbnb(エアビーアンドビー)を使って宿泊した、夢の話

想像力が旺盛な私は、日常あった出来事や心に残った事は、夢で登場するケースが多い。先日はネットでAirbnb(エアビーアンドビー)と言うサービスを知って、かなり興味が湧き想像心がかきたてられた。エアビーアンドビーは、簡単に言えば宿泊や滞在ができる施設が世界各国にあり、ネットで予約できるサービスなのだ。その宿泊先がユニークで、一般家庭もあれば、お城や邸宅と言った普通では泊まれないような場所もあるのだ。一般家庭と言っても趣向を凝らしたものも多く、エアビーアンドビーを使って旅をすれば予想外の思い出が作れそうだ。
エアビーアンドビーのサイトを見ると、各国の宿泊先を写真で確認できる。これを見ているだけでも旅をした気分になれるから不思議だ。個人的に気になる場所と言えば、パリだ。以前にツアー旅行をしたことがあり、その趣深い街の様子に感動したものだ。紹介されているお部屋を見ると、どれもパリらしいセンスが冴える雰囲気ばかりだ。あのパリの街並みの一角にある、普通の部屋に泊まったら、どんな気分が味わえるのだろうと想像が膨らんだ。
そしてその日の夢の中で、その想像が実現した。夢のストーリーはエアビーアンドビーで予約するところから始まっている。パリの宿泊先の中でも、選んだのはカントリー調のインテリアが印象的な部屋だった。高級感は無いが生活感がある方が、そこに暮らしたような気分が味わえるだろうと思ったのである。値段も8000円程でお手頃だ。しかも近隣の風景は、憧れのパリの趣ある景色が広がっている。1週間も滞在すればプチ移住気分が味わえそうだと感じた。
早速、夢の中でエアビーアンドビーから予約した。ホストさんと部屋のアレコレを事前相談もした。夢なので話しが支離滅裂な部分も多いので詳しくは割愛するが、ともかくも現地に着きホストさんとハグをした。ところがかなりのイケメンだったため緊張感が走り笑顔がひきつってしまった。そして部屋に案内されると、夢とは言え本当に感動した。窓の外には思い通りの風景が広がり、ミニベランダでお茶する事もできる。「ああ、なんて幸せなのだろう」と、満足感に浸っている所であろうことか目が覚めてしまったのだ。やりたい事はアレコレあったのだが、後は現実で体験してね!と言う事だろうかと悔しい思いをしたのだ。しかし一瞬でもあの満足感が味わえたのは、得した気分だ。いつか必ずエアビーアンドビーを使ってパリに行き、夢の続きを実現しようと思う。

スペインマジョルカ島でAirbnbを利用した旅を満喫

私は1人旅が好きで、休みが取れるとバックパッカーで海外に行きます。
今回はスペインのマジョルカ島に行きました。

バックパッカーの宿泊でいつも利用しているのはAirbnbというサービスです。
自宅の1室を提供してくれて、宿泊代はホテルの半額以上です。
事前にAirbnbのサイトでホストの人とメールでやりとりをして詳細を詰めていきます。
少し郊外ですが、電車で中心部まではさほどかからないので場所的には問題ありません。
広い家のホスト(提供者)の人で、部屋も広く使わせてくれるとのことで、泊めてもらうことにしました。
マジョルカに泊まるのは5泊。
基本、島外に出てもその日のうちには帰る算段で部屋に帰って来る予定です。

スペインに着くと待ち合わせ場所はホストの自宅のある最寄り駅に向かいます。
待ち合わせ場所であらかじめ交わした写真を見ながら、探していくと声をかけられました。
日本人なのでわかりやすかったようです。
彼は40歳のAさん。
結婚していて13歳の息子さんと3人で住んでいます。
自宅に着くと奥さんと息子さんが迎えてくれました。
郊外の家なので、日本の家とは比べ物にならない大きな家です。
案内された部屋は庭に離れとして立っていて、Airbnbの部屋としていつも貸しているそうです。

最初の夜はご家族3人と一緒に食事をいただきました。
ご夫婦は日本人を何度も泊めたことがあるそうで、日本のことを良く知っています。
特に息子のWくんは日本のアニメが大好きらしく、僕でも知っているような昔のアニメから、最新のアニメまで部屋にはすごい量の日本の作品が置いてありました。

今回の旅行ではサッカー観戦も1つの楽しみとして計画していました。
マジョルカにはチームがあるので、その試合を観に行きました。
Aさんもたまにスタジアムに行くそうです。
自分で用意するつもりでしたが、Aさんは安く買えるから用意してあげると言われ、1枚用意してもらえました。
試合は負けてしまいましたが、スペインのサッカーを満喫できてとても満足でした。
その他には飛び入りでマジョルカ島1周の観光ツアーに参加して、観光スポットを満喫できました。

旅行の5泊はあっという間に過ぎ、Aさんご家族ともお別れです。
いつかまたの再会を約束して、帰国の途につきました。
今回はご家族の温かみを感じられた思い出の旅行になりました。