空家活用法

マンション2部屋で年500万の利益も

Airbnbというサービスが世界的に広がっています。民間の住宅と宿泊客の需要をマッチングするサービスですが、後発企業であるAirbnbは細やかなサービスを打ち出すことで、圧倒的なシェアを奪っています。
日本でもAirbnbのホストとして登録する方が増えています。中にはこんな方もいらっしゃいます。
「マンション2部屋で年500万の宿泊料」
この方は、4人部屋として使用できる部屋を一軒、及び2人部屋として使用できる部屋を一軒所有しているそうです。普通に賃貸にすると、年間の賃貸料収入はその半分にも満たないでしょう。
考えてみれば、賃貸物件で登録すれば差額が利益になると言うことです。
もちろん、賃貸物件では「又貸禁止」が前提のところが多いわけですが、近年の空き部屋対策でAirbnbへの登録を認めてくれる大家さんも増えているようです。
また、賃貸だけでなく別荘などの建屋などを登録して運営代行サービスに管理を任せるという手段もあります。こちらのairbnb代行業者の「Airbnb Supporters」ではわかりやすく解説されているので是非ご覧ください。
話はそれましたが、賃貸物件で登録すれば撤退も簡単にできるわけです。
さらにAirbnbの公式サイトでは「Airbnbカウンター」という、場所を指定すると、近辺で月にどれくらいの宿泊料収入を受けているかが分かるサービスがあります。事前に利益の出る地域が分かるのです。
もちろん場所だけではなく、物件の魅力も必要です。欧米のバックパッカーなどは、きれいなホテルよりも、その国の一般的な住居に泊まりたいという需要が多いそうです。従いまして、畳の和室部屋などでも内装やアメニティ、清潔さに気を付ければ、十分に集客の可能性があるのです。
下町近辺でも東京スカイツリーが見える部屋などは人気が高いようです。下町なら賃貸料はそれほど高くはありません。安く借りた賃貸物件でも、評価が高くなればかなりの宿泊料金を得ることができます。
これには円安の影響もあります。
旅館業法との兼ね合いもあり、法的にはグレーなAirbnbですが、アメリカ企業であるため、日本の司法では手が出せない状況です。
それどころか、政府は特区構想を打ち出して、Airbnbを追認する構えを見せています。
事実、円安や東京オリンピックの影響で海外からの観光客は増えているのですが、宿泊施設が足りていません。ブラジルのリオオリンピックでも同じ悩みを抱えているようで、政府主導でAirbnbと同じような民泊を推し進めようとしているようです。絶好のタイミングでAirbnbが展開しているわけです。

東京オリンピックはAirbnbで稼ぐチャンス

2020年に開催される東京オリンピック。東京に住む人にはまたとない商機が到来しています。オリンピックともなれば世界中から多くの観戦客が東京を訪れるもの。ホテルや旅館にとっては、数十年に一度の稼ぎどきですね。でも、東京オリンピックで稼げるのは宿泊業者だけではありません。東京に部屋を持つ人なら、誰もが稼ぐチャンスがあるのです。いったい、どういうことでしょうか?

リオデジャネイロオリンピックで一躍名を馳せたAirbnbはご存じですか?Airbnbとは、部屋を探すゲストと、部屋を貸したいホストとを、インターネット上で引き合わせる宿泊仲介サイトのこと。このAirbnbがユニークなのは、ホテルや旅館といった宿泊業者ではなく、一般人の自宅や空き家を宿泊施設として紹介していることです。Airbnbに登録すれば、自宅や空き家が宿へと大変身しちゃうのです。民泊サービスとも呼ばれるこの仕組がブラジルオリンピックでは大ヒットしました。ブラジルを訪れた海外からの訪問客の実に5人に1人がAirbnbに登録されている宿泊施設を利用したのです。2020年の東京でも同じことが起きるかもしれません。だからこそ、東京に部屋を持つ人には大きなビジネスチャンスが到来していると言えるのです。

そうはいっても、日本ではまだまだ馴染みの薄い民泊サービス。それがビジネスになるよと言われても、実感のもてない人も多いかもしれません。しかし、Airbnbの利用者は世界中で急増中です。過去5年間ではなんと350倍も利用者が増えたとか。世界では民泊サービスが確実にスタンダード化しつつあるのです。そんな世界の潮流から少し遅れはとっていますが、民泊サービスが広まりつつあるのは日本でも同じ。東京では3千を超える部屋がAirbnbに登録されているそうです。円安の影響で海外から日本への渡航者が増えていますので、登録物件の数も今後ますます増加することでしょう。2020年のビジネスチャンスを確実に仕留めるためにも、今からAirbnbに慣れておくのが得策かもしれません。

増加する外国人旅行客に需要が高まるAirbnb

日本を訪れる外国人旅行者が増えて、安く宿泊できるAirbnbが国内で急成長しています。日本に来たからには味わいたい和食やお風呂の文化、和室で布団で寝る習慣など、日本らしさを押さえたアットホームなもてなしがとても外国人旅行者にウケています。オリンピックを前に懸念される会場周辺の宿泊施設の不足などの問題もあって、空き家や空き部屋が有効活用できるAirbnbに興味を持つかたも多くなってきています。
今や世界中で利用されているAirbnbは、ピーク時に一晩で100万人が利用しているとも言われています。個人宅に泊まる民泊サービスですが、サンフランシスコで2007年に創業したベンチャー企業であるAirbnbは、起業から10年も経たずして世界で4500万人以上の利用者を集めるほどの大企業に成長を遂げています。日本でも少子高齢化に伴って、空き家やマンションの空き室が増えていっている傾向にあります。そんな不動産をそのまま持っているのではなく、外国人旅行者のために貸し出しをしたいと考えるかたが増えてきておりニーズが高まっているのです。
日本を訪れる外国人が急増しています。そして部屋を借りたいと考えている旅行者と、部屋を貸したいと考えいてるホストのマッチングを効率的に行うための橋渡しをしてくれるのがAirbnbです。ホテルとは違った一般の家ならではの飾らない一室で、その国の良さをより楽しむために民泊はあります。まるでその国に住んでいる人のような体験ができるのです。
旅行者はよりその国を深く体験でき、ホストは世界中の色々なかたがたと出会うことができて、空いている物件を有効活用することが可能です。
日本でもホストが急激に増えてきています。それだけ外国人からの需要も多いということですが、中には日本人が国内旅行の際にも、ホテルの変わりに一般の家庭に宿泊するといったケースも多いようです。
Airbnbを知るために、まずは気軽に国内旅行の際に利用してみるのもいいかもしれません。

Airbnbを始めてみようと思っています

近の私は寝ても覚めてもお金を増やす方法を考えています。なぜ私が寝ても覚めてお金を増やす方法を考えているのかと言いますと、私はお金が無いからです。この前は消費者金融に申し込みをして審査に落ちてしまいました。消費者金融のキャッシングカードは3枚もっていてどれも利用限度額いっぱいまで使っています。返済も大変なので新しい消費者金融のキャッシングカードが必要になり申し込みをしたのですがどうしてなのか判りませんが審査で断られてしまいました。今まではちゃんと審査に通ったのにとても不思議です。私は地元の女子高を卒業してから家を出て働いています。いまはパン工場でアルバイトをしています。3シフト制の仕事で結構大変です。仕事が大変なので休みの日はいつも趣味の食べ歩きでストレスを発散しています。お金はいつもコンビのATMでキャッシングカードを使って用意しています。キャッシングカードが無いと食べ歩きができないのでとても困るのです。消費者金融がお金を貸してくれないなら他にお金を作る方法はないかと調べたみて面白そうな方法を見つけました。それはAirbnbで自分の部屋を他のひとに貸してお金を儲ける方法です。Airbnbはまだ知らないひとが多いと思いますが私は流行に敏感でいち早く情報をキャッチするのが得意なので前からAirbnbには注目していました。Airbnbは自分の家や部屋を旅行をしているひと達に貸してお金がもらえるのです。私のアパートはワンルームですが私は何処でも寝られるので部屋を貸しても大丈夫だと思っています。会社には仮眠室もあるのでそこで寝ても良いと思っています。私の部屋を利用してくるひとが部屋の掃除をしてくれるかも知れないのでそれも助かると思います。Airbnbでお金がたくさんもらえたらもっと大きい部屋に引っ越しをしてそこでまたAirbnbを始めればもっとたさくんのお金がもらえるかも知れません。そうすれば消費者金融からお金を借りる必要がなくなるので良いことばかりです。Airbnbは私に合ったサービスだと思っています。

Airbnbのホストで副収入を得るために大切なのは物件探し

 住む物件を探すときに、資金的な余裕があるなら「Airbnb」を考慮した物件探しをするということもこれからの物件探しでは少し意識しておいたほうが良いのかもしれません。たとえば、自身が住む部屋の他にもう一つ部屋のある物件を探し、そこをAirbnbで外国人に利用してもらうのです。そうすれば、空いた部屋を上手く活かして副収入を得ることができますので、初期投資はかかるかもしれませんが長い目で見れば回収することが十分可能です。

 ただ、どんな物件でもそれが可能というわけではありません。たとえ空いている部屋があったとしても、外国人にとって人気の観光地に近くなければ、Airbnbで利用してもらえない可能性があります。それではせっかく一部屋余計に借りたとしても、それを上手く活かすことができなくなってしまいます。

 ですから、住む物件を探すときに、自分が住みやすいということと外国人に人気の観光地が近いということを考慮して物件を決めると、Airbnbで成功しやすいです。そういう立地ならば、好んで訪れる外国人がたくさんいるかもしれないですし、実際に泊まってもらって良いレビューを書いてもらえればさらに人気が出るかもしれないです。そこまで良いイメージをするのは虫の良い話なのかもしれませんが、そこを目指して頑張るのは決しておかしなことではないです。

 そして、それらを実現させるためには、実際それに近いことをしているホストのブログを読むと参考になります。そうしたホストは独自でブログを開設していることが多く、これからAirbnbで副収入を得ようとしている人にとってはなかなか役立ちます。Airbnbで副収入を得られるようになるには結構大変な道のりなのかもしれませんが、軌道に乗ってくればかなり稼げるのもまた事実ですから、そうなれるように努力してみても良いです。

 物件探しが上手くいけばAirbnbで成功する期待感を高められますし、まずはそれをきちんとすることがとても大事なのです。

Airbnb(エアビーアンドビー)ってなんだろう

最近は観光旅行ブームが真っ盛りで国内・国外を問わず多くの旅行者が旅をしています。
旅行の楽しみ方は人それぞれで、食事だったり、綺麗な景色を見ることだったり、現地の人とのコミュニケーションだったり、様々あると思います。
その中でも旅をする上で欠かすことができないのが、宿泊先の選択ではないでしょうか。
特に海外旅行の時にはどんな宿泊先を選んでいますか?
毎回同じようなホテルで、同じようなプランで飽きてしまっている人もいるでしょう。
そんな人にオススメしたいのがAirbnb(エアビーアンドビー)という宿泊システムです。
このシステムは世界中のホテルとして使用しているものではない、普通の空き部屋を旅行者に宿泊先として貸し出そうというものです。
つまり空き部屋を持て余している現地の人と、宿泊先を探している現地の人を繋ぎあわせ用ようというサービスなのです。
このシステムは特に旅費を安く抑えたいという単身旅行者には人気になっています。
ホテルやホステルではなので、現地の人の生の暮らしが体験できますし、ちょっとしたホームステイ気分も味わうことができます。
もちろん、宿泊施設を貸し出してくれたホスト側の人ともコミュニケーションも取れるんですよ。
一緒に食事をしたり、現地の人に現地を案内してもらえる即席のツアーガイド付きの旅行に生まれ変わります。
宿泊先を提供するホストと宿泊先を探しているゲストの情報は事前に知ることができるので、お互いがどんな人間なのかはある程度わかった上でコンタクトが取れます。
ホスト側も過去に宿泊先を利用したゲストからの評価やレビューを受けるので、ゲストで利用する人はその評価やレビューを見てから決めることができます。
信用に値しないホストは自然と評価も悪くなっていくシステムです。
ゲスト側も利用前にはパスポートなどの身分証明の提示を受ける義務があるので、ある程度は安全だと言えます。
今までの旅行に飽きた人はAirbnb(エアビーアンドビー)を試してみると、また新しい体験をできるかもしれません。

Airbnbで部屋を貸すといくら稼げる

Airbnb(エアビーアンドビー)でお部屋を貸すと、いったいいくらくらい稼げるのか、ということが気になるところではあります。Airbnb(エアビーアンドビー)のサイトに、「Airbnb(エアビーアンドビー)でお部屋を貸すと、どれぐらい稼げるか見てみよう」というフォームがあるのですが、そのフォームに都市名と宿泊期間を入れると、おおまかな金額が表示されるようになっています。
私がそのフォームを見たときは、なぜか「Matsudo」が表示されていました。千葉県松戸市のことだと思うのですが、1週間貸し切りで貸すと、38,365円と表示されました。1週間貸し切りで貸せばこの金額ということなのでしょうね。これを貸し切りではなく、個室という条件にしてみたところ、17,084円となりました。1週間貸してこの金額ならいいですよね。1ケ月にしたらどのくらいになるかやってみると、貸し切りで164,423円です。個室でも73,219円です。松戸のアパート家賃の相場はわかりませんが、1ケ月でこの金額ならなかなかいい収入になりますよね。ただ空家や空室になっているだけよりも、こうやって貸すことができればラッキーでしょう。
この金額は、なぜか表示されていた「Matsudo」のケースということになるわけですが、人気の観光スポットに近い場所であれば、もっと高いのかもしれませんし、そもそもホストが価格を設定するのですから、どんな場所であっても、ホストの言い値で決まるわけですからね。このフォームの例が、平均値なのか、実際の例なのかはわかりませんが、ホストのしたいようにできるのですから、ゲストがそれでよいというのであれば、どんな金額にもできるわけです。
自分がゲストになって、どこかに旅行している間に、自分の家をホストとして貸してもいいわけですから、そうなれば、宿泊費はトントンということになることも可能です。上手に利用できれば、本当にいいサービスですよね。リピーターになることが多いというし、レビューで評価も高ければ、安定して稼げるのかも。