民泊のスタイルを変えるために転貸民泊から撤退!

民泊のスタイルを変えるために転貸民泊から撤退!

民泊を東京で営む上でその形は一つじゃない!

民泊について皆さんはどの程度知識があり、またどのような印象を持っているでしょうか?
恐らく大小違いはあれど、「空き部屋を利用したグレーなこと」といった印象を抱いているのではないでしょうか。

「空き部屋があれば民泊の運営を代行業者に任せてらくらく不労所得!」確かにそれは間違ってはいません。
民泊は法的に言えば限りなく黒に近いグレーであり、空き部屋を利用したものがあるのもまた事実です。
ですがそれは完全な正解ではなく、半分は間違っていると言い換えることもできるでしょう。

民泊(airbnb)の形は決して一つではなく、複雑に多くの形、スタイルが存在するからです。
スタイルによって民泊の運営形態は大きく異なります。
一概に全てのスタイルでairbnbの運用代行業者が利用出来るわけでもないのです。

この記事では私がとあるスタイルの民泊から撤退し、また別のスタイルで始めた時のことを記述したいと思います。

私が転貸型民泊ホストから撤退した理由

民泊には数多くのスタイルがあると先程述べましたが、私が過去営んでおり撤退した民泊スタイルは転貸型民泊ホストと呼ばれているものです。
転貸可能物件を借り、ゲストに又貸しすることで利益を得るスタイルで恐らく最も多くの人から認知されている民泊スタイルであることが予想されます。

この民泊スタイルは社会的な問題をいくつかはらんでおり度々問題視されることがあります。
まずそもそも転貸可能物件、airbnbで目的での利用が許可された物件でも無いに関わらず民泊を始めゲストに又貸しする人が後を絶ちません。
airbnbでの利用が可能な物件は家賃が高いことが多いため利率を考えての行動でしょうがこれが多くのトラブルを呼んでいます。

騒音やマナーに関する民泊ゲストと近隣住民との問題が大きくメディアで取り上げられているのを見たことがある人もいるのではないでしょうか。
転貸型ホストはこれだけでなく非常に多くの問題を抱えています。

私が転貸型民泊ホストから撤退した理由は今後ますますこのスタイルの民泊に対して世間の避難が高まっていくことが予想できたからです。
今はグレーとしてairbnbを運営できたとしても、近い将来必ずそれは真っ黒になるはずです。
私はairbnbに結構な額を投資しており、airbnbの管理も複数の代行業者に一任していましたがそこから引き払う手間を考慮したとしても今撤退するのが最も賢いと判断せざるを得ませんでした。

私が始めたのはairbnb可能物件でやるシェア型民泊

転貸型民泊が限りなく黒に近いグレーであり嫌われ者だとしたら民泊可能物件で行うシェア型民泊は白であり、民泊業界の花形といってよいでしょう。
利益を求めず、外国人との交流を第一に考えるソレに対して悪い印象を抱く人は多くはないはずです。

私が転貸型民泊から撤退した後始めたのはまさにそんなシェア型民泊になります。
もともと外国ゲストとの交流に興味があった私は転貸型ホストとして稼ぎながらも外国人と交流できる、そんな場がないか常に探し求めていました。
そして転貸型ホストを止めた後、シェア型民泊であればその両立が可能であるということに気がついたわけです。

自分の家の一室を利用して行うairbnb賃貸の民泊スタイルに抵抗が全く無かったといえば嘘になります。
ですがそこはairbnbセミナーに通い知識を集めることでクリアすることができました。
抵抗感さえ払拭した後は家の一室を利用するためairbnb物件探しをする必要も無く非常にすんなりとシェア型民泊を東京で始めることができました。

今ではairbnbの運営は代行業者に任せ、外国ゲストと楽しく交流する日々を満喫しています。
時が経てば経つほど転貸型の民泊には未来が無いと予想できるでしょう。速い内に乗り換えを検討するのもありだと私は思いますよ。

転貸型民泊から撤退する際に苦労したところ

転貸型民泊から撤退した際、想像以上に苦労した点、それは清掃でした。

私はairbnbに関する物件の清掃であれば安く代行してくれるところを知っていたため、ゲスト帰宅後の清掃はその代行業者に依頼していました。
ですが立ち退きのタイミングの関係で最後のゲストが利用した後の部屋は自分で清掃する必要があり、自分で綺麗にしたわけですがこれがものすごい汚れようで驚愕を覚えたくらいです。

エアビーの管理もそうですが、清掃もこのくらい苦労するならやはり代行業者に一任するのが賢い方法であると再認識しましたね。
エアビーアンドビーの代行業者への契約解除の連絡、大家さんとのやりとり、不用品回収業者との連絡、立ち退きスケジュールの決定…転貸型民泊から撤退する際に数多くの作業をこなしましたがやはりどう考えてもあの清掃が最も苦労した点だったと確信をもって言うことができます。

民泊から苦労なく撤退することは不可能かもしれません。
ですが条件さえ揃えばいかようにも苦労なく撤退し、さらにその後の行動もうまく立ち回ることができるのです。