モラル無き投資型民泊ホストのせいで民泊撤退を余儀なくされ・・・!

モラル無き投資型民泊ホストのせいで民泊撤退を余儀なくされ・・・!

ホームステイ型ホストとして民泊(airbnb)を盛り上げていたにも関わらず!

民泊に対しての世間の避難の声が高まっています。
「突然隣人が民泊を始め複数の外国人が毎晩泊まりにくるようになり引っ越しせざるを得ない」「マナーの悪い外国人がうろつくようになり治安が悪くなった」など民泊を原因とする問題が今大きく取り上げられており社会問題にまで発展しています。

民泊規制を求める声が高まっており、実際に新法民泊が制定され自治体ごとで民泊に関する条例を作るなど民泊に対する風当たりは弱まることを知りません。
エアビーを利用した民泊はこのように今日本全体で問題となっていますが、全ての民泊がトラブルを作っているかと言えば決してそうではありません。

現在問題視されている民泊の殆どが転貸可能物件を利用したairbnbの投資型民泊と呼ばれるものです。
投資型民泊はairbnb可能物件を用意した後は、airbnbの管理を代行業者に任せることで毎月収益を得続けるという最もポピュラーな民泊スタイルです。
投資さえ済ませてしまえばリスク無く不労所得を得ることができるため中国の投資家をも巻き込んだ上で多くの投資家から注目を浴びています。

この度私も民泊からの撤退を余儀なくされたわけですが、私が営んでいた民泊はこういったairbnb運営代行業者を利用した投資型民泊ではなく、日本へのホームステイを希望する人に向けて用意されたホームステイ型民泊になります。
今ホームステイ型民泊を営む人がが投資型民泊への煽りを受けて撤退するケースが増えているのです。

ちゃんと近隣住民に配慮した上で民泊業を東京で営んでいたのに!

自分で言うのもなんですが私は近隣住民に対して細かい配慮をした上で民泊を営んでおりました。
努力のかいもあってか理解も得られ非常に良好な関係を維持したまま民泊業を営んでいたわけです。

利用している代行業者はPRなどのairbnbの一部運用を担ってくれる代行業者のみで、ホームステイを希望するゲストとは自分で渡りをつけた上でルールを説明し精一杯楽しんでもらう努力をしていました。
airbnb許可物件もしっかりと利用していましたし、「後ろめたいことは一切ない」そう断言できる環境下で民泊を営んでいたのです。

そんな私の元にある日保健所から一通の通達が届きました。
その手紙には複雑な言い回しでだらだらと長文が記述されていましたが、要約すると「民泊業を即刻停止せよ」とのことでした。

私は後ろめたいことは何もしていませんでしたし、近隣住民に配慮し、ゲストに配慮し全ての人に喜んでもらえるよう民泊を営んでいたつもりです。
ですがどうやらその文章によると私はどうやら都の条例をいくつか違反しているようでした。

確かに条例違反はいけないことですが、私は当然腑に落ちません。
モラル無き投資型民泊のホストが野ざらしにされている中、清く正しくをモットーに民泊を営んでいた私に白羽の矢が立ったのですから当たり前です。
なんとかならないかどうか、神奈川で開催されていたairbnbセミナーにも相談したのですがどうやらどうにもならない様子・・・。
私は泣く泣くホームステイ型民泊ホストを止めざるを得ない状況に追い込まれてしまいました。

通達しやすい環境に民泊(airbnb)ホストがいるかどうか、それが重要なようです。

先程述べた通り今問題視されている民泊ホストの殆どが民泊可能物件を利用した上で民泊運営を代行業者に任せ、転貸スタイルで民泊を行う投資型民泊ホストになります。
そのなかには家賃が高い等の理由からairbnbで利用できる賃貸物件を探しもせず、無断で転貸を行っている民泊ホストも多数存在しています。

もしかしたらそちらのほうが多数派かもしれません。
彼らはエアビーアンドビーの代行業者を利用することで不労所得が得られればいいと思っているのかもしれませんが、こちらからしたらそれは大変な迷惑です。

そういった方式で民泊を営んでいる人達は自らの所在を隠すのが非常に上手く、のらりくらりと注意勧告を避け続けているのです。
そうなると注意勧告がしやすく、聞き分けも良いホームステイ型民泊を営むホストに注意勧告がいくようになるのです。
なんでもいいから民泊ホストを減らした実績が欲しい自治体は通達し易いホームステイ型民泊ホストに牙を向くというわけですね。

私は保健所からの通達を受けエアビーからの撤退を余儀なくされてしまいましたが、また機会があればairbnbを利用してホームステイ型の民泊を営みたいと考えてはいます。
ですが再び自治体からの通達で民泊撤退を余儀なくされた場合、またホームステイ型民泊を営もうと思うかどうかは分かりません。

もしかしたらairbnbの運営を代行業者に任せ、それだけでなくairbnbに関する清掃すら代行業者に任せた上で投資型民泊を営むようになっているかもしれません。
エアビー代行業者を利用して投資型の民泊を営んでいる人には上手く通達から逃れているようで、その実民泊を営む自分のクビを締めているということに速く気がついて欲しいです。
正直者がバカを見る、そんなことは金輪際起きないよう私自身に何ができるのか時々頭を捻って考えています。