宿泊施設としての機能以外の魅力があるAirbnbとは

最近社会的にも浸透してきているAirbnbですが、全世界で利用者がいるのは理由があります。もちろん手軽さや経済的な理由など、色んな要因はありますが、最近日本では宿泊機能以外の魅力がおおいに注目されています。Airbnbは旅行者がメインで利用するものと考えられていますが、海外からの旅行者以外にも国内での旅行者にも人気があります。特にその地方ならではの雰囲気がある建物や古民家は外国人だけでなく、国内旅行者からも人気があります。子育て世代の場合一軒家をAirbnbで探して宿泊することが多いようですが、最近は宿泊したお客さんにホストが手料理をふるまったり、体験的な事を提供するホストも増えています。例えば郷土料理を食事で振る舞ったり、農作業や普段体験できないような事を体験できる内容です。もちろん大人も十分楽しめる内容ですが、子供にとっては道の世界です。また郷土料理もお店で食べるものとは違い、アットホームな雰囲気で食べることができます。こうしたホストの工夫次第で宿泊するお客さんに喜んでもらおうとしている人が増えてきています。これは日本ならではというわけではありませんが、サービスが質のいい日本だからこそ相手に喜んでもらえる内容であるとも言えます。たいていの場合はこうしたサービスは宿泊費の中に含まれているので、特にオプションというわけで追加料金もかかりません。どうせ旅行するのなら現地ならではの体験ができるというのは大きな魅力です。こうしたホストの取り組みは様々あり、より宿泊客に喜んでもらえるために皆工夫しています。宿泊先のレビューや口コミ評価はAirbnbのサイトから見ることができるので、そうした取り組みが次のお客さんの獲得に確実につながっていきます。ホテルや旅館とは違うサービス提供ができるのもAirbnbの自由さとメリットでもあります。ただ宿泊施設として場所を提供するのもいいですが、こうしたプラスアルファの要素があればさらにAirbnbが人気が出る要因となると思います。

SNSでもご購読できます。