宿泊施設不足を解消するサービス

観光が流行している場所では宿泊施設が豊富です。なぜなら宿泊目的で訪れる客が多いので、宿泊施設を経営すれば安定した売上を得る事が出来ます。しかし季節限定のイベントが開催されている時しか観光客が訪れない場合、宿泊施設を常に運営する事には大きな無駄があるのです。特定の季節だけ施設を開放するというやり方もありますが、状況に応じて施設の運用方法を変えると手間がかかります。そして宿泊施設として用いる時の調度品やスタッフは、開放する時期が訪れる度に準備しなければなりません。だからエアビーアンドビーと呼ばれるサービスが注目されています。エアビーアンドビーは現地で在住している人が住居を貸し出すという商材で、登録している人が依頼に応じてサービスを実施します。サービスの内容は利用者に鍵を手渡すだけなので、実行に特別なスキルを必要としません。だから世界各国でエアビーアンドビーに登録する人が増加しているのです。そしてこのサービスは世界的イベントであるオリンピックの問題を解決すると期待されています。オリンピックが開催される場所は、観光に向いている都市だとは限らないため、開催されるまでの間に準備を整える必要があります。交通整備や安全の確認は大切な事ですが、それ以上に大きな問題だと考えられているのは宿泊設備です。オリンピックは長期間に渡って開催されるため、長期宿泊を行える設備が求められます。しかしオリンピックが終了したら宿泊設備の需要は失われるため、経営者とサービスの担い手を見つける事は容易ではありません。エアビーアンドビーであれば最低限の準備だけで、宿泊設備を用意する事が出来ます。提供者にとっても収入が増える機会であるため、多くの存在が利益を享受出来るのです。現に2012年のロンドンオリンピックでは、このやり方でイベントの開催が上手く進められたと言われています。2016年の開催地でも宿泊施設の数が少ないため、エアビーアンドビーの登録者に期待が集まっているのです。

SNSでもご購読できます。