増加する外国人旅行客に需要が高まるAirbnb

日本を訪れる外国人旅行者が増えて、安く宿泊できるAirbnbが国内で急成長しています。日本に来たからには味わいたい和食やお風呂の文化、和室で布団で寝る習慣など、日本らしさを押さえたアットホームなもてなしがとても外国人旅行者にウケています。オリンピックを前に懸念される会場周辺の宿泊施設の不足などの問題もあって、空き家や空き部屋が有効活用できるAirbnbに興味を持つかたも多くなってきています。
今や世界中で利用されているAirbnbは、ピーク時に一晩で100万人が利用しているとも言われています。個人宅に泊まる民泊サービスですが、サンフランシスコで2007年に創業したベンチャー企業であるAirbnbは、起業から10年も経たずして世界で4500万人以上の利用者を集めるほどの大企業に成長を遂げています。日本でも少子高齢化に伴って、空き家やマンションの空き室が増えていっている傾向にあります。そんな不動産をそのまま持っているのではなく、外国人旅行者のために貸し出しをしたいと考えるかたが増えてきておりニーズが高まっているのです。
日本を訪れる外国人が急増しています。そして部屋を借りたいと考えている旅行者と、部屋を貸したいと考えいてるホストのマッチングを効率的に行うための橋渡しをしてくれるのがAirbnbです。ホテルとは違った一般の家ならではの飾らない一室で、その国の良さをより楽しむために民泊はあります。まるでその国に住んでいる人のような体験ができるのです。
旅行者はよりその国を深く体験でき、ホストは世界中の色々なかたがたと出会うことができて、空いている物件を有効活用することが可能です。
日本でもホストが急激に増えてきています。それだけ外国人からの需要も多いということですが、中には日本人が国内旅行の際にも、ホテルの変わりに一般の家庭に宿泊するといったケースも多いようです。
Airbnbを知るために、まずは気軽に国内旅行の際に利用してみるのもいいかもしれません。

SNSでもご購読できます。